全体を把握すると得だらけ

ブログ

 

物事に組む時、とりあえず始めるのと、
全体を把握して始めるのでは
効率も安心感も大分違います。

 

歯医者さんでも、無言でいきなり

 

「キュイーン!」

 

 

って鳴り出すより、

 

「今日はこういう手順で、
こういう処置しますねー」

 

と言われていた方が、
全然、怖くないです。

 

 

「さあすぐやるぞ!」

 

と、行動に移せるのは
とても素晴らしい。

 

でも逆に回り道になってしまいがちです。

舞台は全体を把握しないと崩壊する

 

私は以前地域公演の裏方で
お手伝いしていました。

 

記憶が定かでないのですが、出演者は
30〜50人くらいだったはずです。

 

稽古を重ねる度、公演が近くなります。

 

そうすると必須になるのが、

 

「香盤表」です。
※こうばんひょう と読みます。

 

出演者と、出演シーンなど
一覧にまとめたものです。

 

公演中も香盤表をみると、全体の内、
今どこの場面をしているのか分かります。

 

少人数の舞台ならいいですが、
大所帯の舞台だと、香盤表がないと
大変なことになります。

 

次に登場する出演者が違うシーンの
衣装に着替えていたりとか、

 

大勢のシーンに出演者がひとり
たりないとか、

 

そんな問題があったりします。

 

 

そもそも、シーンの繋ぎで入退場が
不可能な場合もあったりして、
香盤表から発見されたりします。

 

全体像を把握しないと、違うことをしたり、
流れに支障が出ていても気がつかないことが
起きたりします。

だらだら長話は「馬の耳に念仏」増強剤

 

校長先生の話、好きでしたか?

 

私は嫌いでした。
終わりが見えなくて、つまらなかったです。

 

「なにが言いたいのかなぁ」

と、思いました。

 

周りの人も早く終わらないかと、
ソワソワしてましたね。

 

スティーブ・ジョブズのようなスピーチ
を期待する訳ではありません。

 

でも校長先生の話がもし、

 

「今日は3点話します。
5分間聞いてください。」

 

ならば違っていたと思います。

 

校長先生の話の全体像の枠組み
ができました。

 

ゴールが想像できた分、集中力は増します。

結論:全体を把握すると得だらけ

 

全体を把握すると、関係ない作業を
続けて進まないということを避けられたり、
より重要性の高い作業を選択できたりします。

 

「これ、何のためにしてるのかな・・・。」

 

そう思ったら、全体像に戻りましょう。

自分の現在の位置が分かります。

 

 

 

 

メルマガ配信中です

 

 

 

メルマガを読んだ方に、今だけ限定で無料プレゼントキャンペーン中です。

 

ネットビジネスってなにするのか、
長期的に収入得るにはどうしたらいいのか、
仕組み化ってそもそもなにをするのか、

 

などをまとめています。
さくっと読めるので興味があればご覧ください。
1通目のメルマガでプレゼントします。

 

詳しく知りたい人はこちらから
早く読みた人はこちらの直通フォームからどうぞ。

 


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ