個人が雇われずに、自由な生き方をするのは簡単か?

ブログ

かんたんです!

…とは言えません。
何事も努力は必要です。


でも、
1日働いてへとへと。
もう何もする気力がない。


そんな毎日から抜け出して、

自由になるためにできることがあります。

 

就職したから安心。本当に?

 

・週5日で8時間勤務。
・土日祝休み。
・ボーナス年2回。
・各種社会保険つき。
・交通費全額支給。
・住宅手当・家賃補助あり。
・電話対応なし。

 

「こんな高条件で働けたらいいな」


求人情報を見ながら思っていました。


「これで、経験不問もついたらいいな」


職場選びで悩むのは、いかに負担を減らして、
より高いお給料をもらえるか、でした。


まあ、一度もそんな職場は出会いませんでしたが。
もし出会っていたら、雇われる人生から抜け出そうと
思わなかったかもしれません。


労働者は時間を対価に収入を得ます。


会社の商品(世の中への価値提供)を作るために、
労働時間と引き換えに得ています。


働けばその分が収入になるので、
毎月一定の時間働ければ、収入は安定します。


前提は、働く会社が安定していた場合です。


私が以前働いた会社は、
入社して、2週間ほどした頃に倒産しました。


そんな様子は微塵もなかったんです。


当時の、電気の自由化に向けた関連商品を扱う会社でした。


今流れに乗っていると、バンバン人も雇い、
従業員も増えていきました。


それがある日、一本の電話で


「今日は会社は休みです。仕事がないので」


翌日も同じでした。


「今日は仕事がありません。」


どうやら本社が倒産寸前なのを隠していたそうです。


何を伝えたいかというと、


雇われている以上将来安心ではない。
もし、非正規労働者なら、切られる順番がより早い。


ということです。

学校教育で学ぶサラリーマン精神

 

学校では起業、独立の方法など
教えてくれません。


義務教育で習うのは一番は統率力なのかと感じます。


足並みを揃えて、時間を厳守で、
授業中は静かにして、提示された
問題(学習)を教わった通りにこなす。


そこからはみ出たら、異質者のような目で見られます。


たしかに、ルールは大切です。
ルールを守る人が多いので、
日本の治安は世界的にとても良い。


でも、そのかわりに、
考える力と、行動する力は
育ちづらいように思います。


そのため、学校で教わったことに忠実な人ほど、
雇われることを選択するのだと思います。


テレビは観ますか?


夕方にアナウンサーがいいます。


「お仕事お疲れさまです!」


働いて疲れた労働者を想像しますか?
戦略を練っている経営者を想像しますか?


もし後者なら、経営者かぁ、すごいなぁと思いますか。
そうだったら、雇われ思考かもしれません。
前者もまた、同じです。

起業はハードルが低い?起業する人が増えている?

 

ツイッターをみていると、
起業を目指している学生さんが目につきます。


彼らが主にしているのは、ネットビジネスです。


これは、今までの、雇われて働くという形態の常識が
崩れてきていると感じます。


今後、雇われ労働者の需要が狭まるのを予測し、
かつ不安定な生活環境を事前に避けるなら、
自ら起業するのだと、行動していると思いました。


今まで常識がくずれれば、乗り遅れた人は社会に取り残されてしまいます。


日本の労働の仕方は変です。


労働による自殺も多いです。


労働時間も多すぎます。

 


それでも、今までは「変」ではなかったんです。


「当たり前」だったんです。


若い世代が率先して活動している様に感じます。


私も、コンテンツビジネスの仕組みは、
大学生の起業家から教わりました。


単純に、すごいなと、思いました。


ネット、SNSが普及し、方法さえわかれば、
個人が企業と同じようなことをすることができるようになりました。


それでも、「じゃあ、やってみよう」の行動力は、
雇われて何年も働いている世代を動かし、
自由な世界があるんだよと、提示するのは、


・・・すごいなと、思いました。

会社のトップは一部の人しかなれないか?

 

ユーチューバーがなりたい職業にランクインする時代になりました。


個人で稼ぐことが可能となれば、
個人で起業してしまえば、トップです。


「社長」に自分がなります。


YouTubeで稼ぐ人は、一度動画をアップロードしてしまえば、
後は放置しても、観たい人が観たい時にやってきます。


私は、離島で猫と犬を育てている様子を撮影した、
某チャンネルのファンなのですが、


そのチャンネルの多くの動画は数十万回以上再生されています。
投稿数は見てませんがかなり多いです。


ユーチューバーは主に広告収入で稼ぎます。
ざっくりいえば、広告をつけた動画の再生回数が多ければ、
多くの収入になるということです。


一度設置した動画は、収益を産む資産になります。


このように、自動で収益がでるの仕組みが、
ネットを使えば可能になりました。
(YouTubeだけ使う場合はツールが使えなく
なれば収入も切れますが・・・)


ブログに記事を作成すれば、消さない(消えない)
かぎり見たい人に表示されます。


ネットには一度作れば、置いておくだけで、
人が集まる仕組みを作れます。
自分の代わりに働いてくれます。


そのネット上で働く労働者は疲れを知りません。
給与もご飯も睡眠もいらない労働者が無限に増えます。


これを収益に結びつくように仕組み化すれば、
青天井に収入は伸び続けます。


嘘くさいかもしれませんが、
ネット起業を目指す大学生が増えているのが、証明だと思います。


『労働者が成功することはない。
自由に暮らせるのはトップに立っている人だけ。
起業すれば別だが、起業には資金とスキルと人脈と必要なものが多い。
労働者は実際の労働対価の全額をもらっていないから、資金がない。
そもそも労働者として働いているのなら、大したスキルがない。
学習と人脈のための時間は働いているからない。
備えていればすでに起業しているはずだ。
トップの人のために労働者は働いている。』


プロフィール欄にもありますが、
学生時代に先生から聞いた言葉です。
今は違います。


時代は変わりました。

自由な人は増えていっています。

 

 

 

メルマガ配信中です

 

 

 

メルマガを読んだ方に、今だけ限定で無料プレゼントキャンペーン中です。

 

ネットビジネスってなにするのか、
長期的に収入得るにはどうしたらいいのか、
仕組み化ってそもそもなにをするのか、

 

などをまとめています。
さくっと読めるので興味があればご覧ください。
1通目のメルマガでプレゼントします。

 

詳しく知りたい人はこちらから
早く読みた人はこちらの直通フォームからどうぞ。

 


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ